【鹿児島】口永良部島で火山性地震多発。新岳火山が噴煙が上がっている!

ー青春の鬱々が噴火すっとニキビになんだべー

福岡管区気象台が、23日7時~13時までの6時間で口永良部島(くちのえらぶじま)を震源とする火山性地震を13回観測し、気象庁機動調査班の調査により同島・新岳火山が活発に噴煙を上げているのを確認した。
同気象台によると「火山が活発化しており今後強い噴火になる可能性がある」と噴石などへ注意勧告している。新岳は昨年8月に34年ぶりに噴火し、現在は”入山規制レベル3”となっている。

画像:桜島の噴火の様子

8148996_217x291

このことからネットでは、噴火に緊張感が高まっている箱根山を始め、日本中の火山が目覚めたと話題になっているのだ。

大震災と噴火は連動すると言われ続けて早4年。

震災後、日本から約1600km離れた太平洋の海底にも”太陽系最大”とされる超巨大火山も発見されており、東日本大震災がトリガーとなった火山噴火に警戒心が強まるのも無理はないだろう。

科学技術の進歩により政府は”噴火は事前に予知できる”としている、噴火予兆をどこまで把握し、どこまで情報を流しているのか、政府に対し安心できないのもまた現状である。
現在、日本は多くの火山が絶賛活動中であるが、その活動規模はどこまで広がるだろう。

東日本大震災から早4年。
各個人、警戒するにこしたことはない。

参考:
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150523-OYT1T50101.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加