空から降り注いだ謎の“殺人兵器”? 米政府の「人類削減計画」か!?

 米アリゾナ州で、再び謎の現象が起きた。昨年、上空から繊維状の雨が降り注ぎ騒動になったこの地域に、またもや繊維状の物質が降り注いできたのだ。“気味が悪い”と周辺住民は繊維の鑑定を依頼。するとそこに、驚愕の事実が浮かび上がってきたのだ――。

■突如降り注いできた謎の繊維……軍用機が散布?

 米アリゾナ州プレスコットが再び謎の繊維に覆われ、周辺住民は驚きを隠せずにいる。奇妙なことに、1年前とほぼ同時期に現れたというこの謎の繊維。その正体と目的とは、一体何なのであろうか。オカルト研究者のリサ・ヘブン氏が検証している。

 最初にこの現象が起きたのは2014年11月5日、気持ちよく晴れた日の午後のことであったという。突如上空を3機の飛行機が飛び去ったかと思うと、雨だれのように15~18mほどの繊維が降り注いできたということだ。また目撃者らによると、その飛行機は米空軍の輸送機C-130であったというのだから驚きである。「とてもじゃないけど怖くて素手じゃ触れないわ」という地元住民のマリー・スノウさんによると、降り注いできた繊維はクモの糸より太く、丈夫であったということだ。

mysteriousfibers1.JPG
画像は「Lori Buelow」より

 突如起きたこの不可解な出来事に、住民らは地元テレビ局「CBS 5ニュース」に連絡し、調査を依頼。グランドキャニオン大学の科学捜査研究所に試料を持ち込み検査したところ、この繊維は小麦・グルテン・パシトラシンなど抗生物質の混合物であることが判明したのだ。同所長のメリッサ・ベッドウ氏は「付近の畜産農場などで使用されている“生分解性(微生物によって完全に消費・分解される性質)ガーゼ“の一部であり、“人畜無害”である」と結論付けているのだが、では、なぜ軍用機が散布したのか……?

mysteriousfibers2.JPG
画像は「Lori Buelow」より

 この結果に納得できない住民らは、米ニュースサイト「Intelihub News」の代表者、シェパード・アンベラス氏に連絡、信用できる研究所に鑑定を依頼したのだ。すると“人畜無害”にはほど遠い、恐ろしい事実がわかったのだ。

■周辺住民を震え上がらせる恐怖の繊維

 空から降り注いできた謎の繊維を細かく分析したところ、なんとこの繊維は高濃度のストロンチウム、バリウム、アルミニウムが含まれている混合物であることが判明、前回の鑑定結果を覆す結果となったのだ。日ごろ我々の生活に馴染み深いアルミニウムでさえ、一部ヨーロッパやブラジルなどでは販売が規制されるほど人体への悪影響が懸念されている物質である。それらが完璧に配合され散布されていたとなると、“人畜無害”どころか非常に有害な“殺人繊維”といっても過言ではなかろう。

 ヘブン氏は「これらの非常に有害な化学物質が空中からばら撒かれているのは、気象工学(geoengineering)という名の元で行われてる人体実験である」と主張しており、再度行われた鑑定データを公開しているのだ。

mysteriousfibers3.JPG
画像は「Lisa Haven」より

 またヘブン氏は「これは政府が人口削減のため、空中に化学物質を散布している確固たる証拠である」と、今後も証拠としてサンプルを収集し、証明していくと力強く語っている。

 メキシコ国境に隣接しているアリゾナ州では、多くの不法移民が悩みの種である。米国次期大統領ドナルド・トランプ氏が、「メキシコ国境に万里の長城を作りたい」と発言し話題になったが、この殺人繊維が人口削減のケムトレイルだとしたら、あえて不法移民が多いアリゾナ州を選んだというのは考えすぎだろうか。

 日々上空で散布されているというケムトレイルは、表向き地球温暖化対策の一環とされているが、“地球上の生物や環境にまで悪影響を及ぼしている”と警鐘を鳴らす学者がいることも忘れてはならない事実である。
(文=遠野そら

トカナより

「Mysterious White “Fibers” Return To Arizona! You Won’t Believe What They Are! Shocking Interview」 動画は「Lisa Haven」より

参考:「CBS 5」、「Intelihub News」、ほか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加