宇宙人からのメッセージか!? 謎の高速電波をリアルタイムでキャッチ!

 銀河系から何百万光年以上も遠い宇宙から飛んでくる「高速電波バースト(FRB、Fast Radio Burst)」。その名の通り、大変鋭く短い電波であり、長年宇宙物理学の謎の1つとされていた。しかし、ついにオーストラリアのパークス天文台がリアルタイムで高速電波バーストを観測することに成功したと1月19日の「Daily Mail」誌が伝えている。

この電波については未だ発生原因は解明しておらず、ブラックホールの蒸発という説や中性子星の合併説、宇宙人からのメッセージなどさまざまな説がある。今回初めてリアルタイムでの観測に成功したわけだが、我々はこの宇宙の謎に近づくことができるのだろうか。
■世界中の電波望遠鏡が電波バーストに向けられる

fastradioburst1.jpg
オーストラリア「パークス天文台」 画像は「Wikipedia」より

昨年のトカナの記事でも紹介したこの高速電波バーストは天文学・宇宙物理学など幅広い分野から注目を集めている謎の電波である。

2007年に初めて観測され、1000分の5秒という非常に短い電波であったため、電波望遠鏡の故障や地球周辺を発生源とする信号であると推測されていた。ところが2012年11月に、これまでパークス天文台でしか観測されていなかった高速電波バーストがプエルトリコのアレシボ天文台でも観測され、プラズマ分散を測定してみると高速電波バーストは我々の暮らす銀河から何万光年も離れた場所で発生した電波であることが分かった。

今まで高速電波バーストは発生から数週間~数カ月後に発見されることが多く、長いものだと10年後に発見されたものもある。今回バークス天文台は“リアルタイムで観測する”ことに焦点を置き電波から生じるX線の波長を調べ「オーストラリア」「米カリフォルニア」「カナリア諸島」「チリ」「ドイツ」「米ハワイ」「インド」と世界中の電波望遠鏡のアンテナが高速電波バーストを観測するため準備を整えていたのだ。

この観測による周波数から、発生源は55億光年以上離れた場所であり、たった数ミリ秒のうちに太陽が1日に放出するエネルギーと同等のエネルギーが放射されたと考えられている。またこのことによりガンマ線バースト説や超新星説などが除外され、発生原因の解明にまた一歩近づいた。
■この電波は宇宙人からのメッセージ?

fastradioburst2.jpg
プエルトリコ「アレシボ天文台」 画像は「Wikipedia」より

今回のリアルタイム観測により発生原因はかなり絞られてきたが、まだはっきりとは確定されておらず、いまだに様々な憶測が飛び交う中、「これは宇宙人が我々地球人に宛てたメッセージである」という説を唱える学者もいる。事実、2012年に高速電波バーストを観測したプエルトリコのアレシボ天文台は地球外生命体の探査計画も担っており、「宇宙人からのメッセージ説」は真剣に議論が繰り返されている。

またコメントにも「宇宙を砂漠にたとえると銀河系なんてひとすくいの砂のようなものさ、生命体が存在する惑星が我々だけだなんて確信があるかい?」という意見や「逆に地球からも電波を飛ばしてみたら?」など、宇宙人からのメッセージ説を支持する意見が多い。

地球上には常に宇宙から様々な電波が降り注いでおり、数百億とも数千億とも言われる数多くの銀河が存在する中で、地球に向けて「何か意味を持つ電波」を飛ばす惑星があると考えても面白いのではなかろうか。そのメッセージの内容にもよるだろうが……。

55億光年も離れた宇宙から届いた電波をリアルタイムでキャッチすることに成功したわけだが、今後どのように解明されていくのか…。謎の解明が進むことに期待である。
(文=福島沙織

参考:「Daily Mail」ほか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加