震災から5年…学者・予言者ら「日本をまた巨大地震が襲う」断言。2016年来るか!?

311_5yrs_3.jpg
画像は「Thinkstock」より

東日本大震災が発生してから、今日で5周年を迎えた。この大震災は、死者・行方不明者が1万8千人を超え、40万人以上が避難するという未曾有の大災害となった。日本全体では約17兆円の経済的損失を被り、世界銀行の推計では災害における史上最大の被害額となったという。

このような大惨事を繰り返さないため、これまで地震予知を不可能とみなしてきた科学者たちも、巨大地震の予測に取り組むケースが増えてきた。今回は、研究者や予言者たちによって近い将来発生すると予測されている巨大地震を紹介したい。
3.11を上回る“余震”がある!?

まずは、3.11の余震を警戒しなければならない。実は発生から5年を経た現在も、まだ大規模な余震が発生する可能性は続いているのだ。これまでに、M7規模の余震が何回か起きているが、大地震の余震は必ずしも「本震よりも小規模」とは限らない。場合によっては、同規模の地震も起こり得るのだ。

武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は、「M9級地震の余震は本来、100年以上続き、しかも規模もM8級のものがあるはずなのです。ところが、2015年までの日本では、まず余震の数が異常に少ない。米国ではM8・2かそこらの地震の余震が200年後の現在も続いている地域があるくらいなのに、です」(週刊現代、2016年1月9日号)と語っている。つまり、これまでの余震は小さすぎるため、今後さらに大きな地震が起こる可能性が高いというのだ。

ちなみに、過去の記事でも紹介したが、日系カナダ人の生物学者でブリティッシュコロンビア大学名誉教授のデヴィット・タカヨシ・スズキ氏は、「2017年9月までにM7以上の大地震が起き、福島原発に大きな被害を与える可能性がある」と予測しており、その結果「バイバイ日本」になると怖い表現を用いて警告している。

311_5yrs_4.jpg
画像は「Thinkstock」より

■差し迫る「南海トラフ地震」

東北地方以外で近年中に発生し得る巨大地震としては、何といっても「南海トラフ地震」が挙げられるだろう。これは、南海・東南海・東海の3つの地震、あるいはそれらが連動して起きる巨大地震のことだ。

立命館大学・太平洋文明研究センター歴史都市防災研究所の高橋学教授によれば、地震と噴火活動は4段階に分けられるが、現在の日本は第3段階にあり、プレート境界で地震が起きやすいという。この数年の九州における火山活動の活発化からすると、「南海トラフ地震が5年以内に起きる可能性は非常に高いと睨んでいます」(週刊大衆、2015年6月22日号)とのことだ。つまり、2019年までということだ。

過去の記事でも紹介したが、実は「南海トラフ地震」に限っては、“発生の法則”がある。ひとつは、歴史上知られる十数回の南海トラフ地震は、すべて7~2月に発生しているという事実だ。つまり夏季から冬季までに発生しており、春季から初夏にかけては起きていないのだ。原因は不明だが、偶然の一致として片づけるべきではないだろう。

そしてもうひとつは、過去の「南海トラフ地震」は、黒潮が紀伊半島・遠州灘沖で大きく蛇行する「黒潮の大蛇行」期間中には起きず、すべて黒潮の「直進期」(非大蛇行期)に起きていることだ。では、現在の状況はどうかというと、2005年8月に大蛇行が発生したのを最後に、黒潮の「直進期」が続いている。

以上2つの「法則」をまとめると、このまま黒潮の「直進期」が続くとすれば、「直近では2016年7月~2017年2月に南海トラフ地震が発生する可能性がある」ということになるだろう。

引用:Tocanaより

—–

3.11を向かえ黙祷をささげた人も多いだろう。

アウターライズにそろそろ備えたほうがよさそうだ。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加